SALES PRICE

販売情報

MARKET INFORMATION

市況情報

 海外マーケットは、中国では政府による景気対策が実施されているものの、未だ鋼材消費量は力強さを欠き、鉄鋼各社の需給調整に向けた減産姿勢も明確では無く鉄鋼関連製品の過剰感が続き、特にアジア地域における輸出圧力は依然強いため、鉄鋼製品の取引価格は安価にて推移をしています。一方、欧州地域では、これまでのインフレ圧力の緩和を受け、各国にて個人消費の回復等により、景気停滞ムードから、底入れへ機運が緩やかに台頭しています。また米国も好調な雇用環境が継続し、抑制傾向にあった製造業において、持ち直しの動きが見えつつあります。更に鉄鋼資源並びにエネルギ-価格は調整局面から値戻しの動きとなっている為、今後も鉄鋼各社の収益確保の動きから、鉄鋼製品市況は持ち直すことが予想されますが、引き続き、世界並びに中国の経済動向と鉄鋼需給の変化を慎重に注視してまいります。
 国内マーケットは、建材品種は、民間並びに公共投資による新規案件の見積もりが増加しているものの、建設関連業種の働き方改革等による労働時間の短縮と人手不足の影響により、ゼネコンの慎重な受注姿勢が続いた為、足元では鋼材の荷動きは総じて緩慢な状況にあります。然し、流通の在庫水準は適正範囲にあり、特に大形サイズでは歯抜けも見られる状況の下、現状でも販売価格是正の動きに変化が無いことから、今後、需給調整の進展により市況改善の動きが拡がることが期待されます。
 鋼板品種は、薄板、厚板共に、総じて底堅い需要は今後も続くと思われますが、一部の分野において、輸出関連の低迷が影響し、鋼材加工量は伸びを欠く状況で、建設業種以外でも、慢性的な人手不足が続いていることから、これまでの期待に反し、鋼材の荷動きは低位での推移となっています。一方、輸入鋼材への警戒感が強まっていますが、足元の需給バランスと為替の円安傾向のため、流通の消極的な購入姿勢は続くと考えられ、加えて、国内の鉄鋼メ-カ-各社の慎重な供給姿勢が持続しているため、今後、需要が回復し流通在庫の減少が進むことによる製品市況の好転が待たれる状況です。
 以上のような状況の下、国内外の需給環境と市況動向の変化に加え、原料、エネルギ-価格の動きを、しっかりと見極めるため、今月は全品種据置きと致します。
 引き続き、需要に見合った生産を継続し、需給の調整に努めます。

PREVIOUS

過去の販売価格

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2024年
2023年
2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
MORE CLOSE

在庫販売情報

厚板・カットシ-トの在庫も取りそろえております。
詳しくは、厚板・カットシ-ト在庫販売一覧をご参照ください。

厚板・カットシート在庫販売一覧【PDF】

H形鋼在庫販売一覧【PDF】

CONTACT

お問い合わせ

各種製品へのお問い合わせ(製造可能サイズ、規格など)がございましたら、
下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム